尼崎市立地域研究史料館

  • ホーム
  • 史料館について
    • English Site
    • 文字サイズ
    • 小
    • 中
    • 大
    史料館について

    史料館について

    尼崎市立地域研究史料館は、尼崎市史編修室を発展させる形で昭和50年(1975)に開館しました。尼崎市総務局に属しています。

    館の概要

    名称
    尼崎市立地域研究史料館
    組織名
    尼崎市 総務局 地域研究史料館
    所在地
    兵庫県尼崎市昭和通2丁目7番16号 [地図]
    開館日
    昭和50年(1975)1月10日
    事業内容
    史料の調査・収集・整理・公開
    地域史に関する調査・研究、編集・刊行
    講座等の実施
    施設
    本館(総合文化センター7階)および分室(大島3丁目9)
    用途 本館 分室 合計
    史料収蔵庫 118m2 1,089m2 1,207m2
    史料整理室 49m2 49m2
    閲覧室 50m2 50m2
    事務室等 91m2 91m2
    合計 308m2 1,089m2 1,397m2
    人員
    正規職員3人(館長1、担当者2)、嘱託員7人、臨時職員1人
    尼崎市立地域研究史料館の概要 [PDF:358KB]