• ホーム
  • 博物館について
  • 敷地と建築について
  • 博物館について

    敷地と建築について

    昭和13年竣工当初の校舎

    歴史博物館の場所は江戸時代の尼崎城本丸の北側部分に当たり、建物の北東端の位置には天守閣がありました。明治以降、本丸跡は学校用地となり、昭和13年(1938)に竣工した尼崎市立高等女学校の校舎が現在の博物館の建物です。中庭を囲む3階建の回廊型で、2本の丸柱で支えられた大きな庇や、玄関の左右にシンメトリーに配置された八角形窓など、玄関付近に外観上の特色が集中しています。

    昭和2年建設の校門

    戦後、市立尼崎高等学校・城内中学校・成良中学校の校舎として歩み、学校統合により校舎としての役割を終えた後、平成21年(2009)から1階部分を文化財収蔵庫として活用、平成30年度から整備工事を行い、令和2年10月に歴史博物館として生まれかわりました。