関西労災病院

かんさいろうさいびょういん
労災病院より転送)
出典: Web版尼崎地域史事典『apedia』

  1950年(昭和25)、関西に労働者災害補償保険法にもとづく労災病院を設置することが労働省によって計画された。この病院の尼崎への設置を市・県・労使双方が陳情、西大島字稲葉荘(現稲葉荘3丁目)の敷地3万3,255m2を市が提供し日本で4番目の労災病院として着工、1953年1月20日部分開業した。同年8月の本館竣工後も工事を進め、1956年4月には当初計画規模である548床まで増床、9診療科となり1960年3月には総合病院の認可を得た。その後も労災医療のみならず勤労者や地域の医療ニーズに対応する病院をめざして増改築を重ね、1984年の病床数670、翌1985年には18診療科となり、1993年7月現在延床面積3万8,345m2となった。臨床検査医師の養成を目的とする医療検査大学校が1970年4月に設置されたが1987年3月をもって廃校、1957年4月設置された准看学院は移転廃止・再開改組などを経て関西労災看護専門学校となっている。

執筆者: 地域研究史料館

  1991年(平成3)増改築工事を開始、1996年(平成8)11月、第1期工事として新病棟南館が竣工。引き続き第2期工事にかかり、新病棟北館・外来棟・管理棟・エントランスを順次完成させて、2004年、すべての工事が完了した。

執筆者: apedia編集部

案内
広告
検索

  
ヘルプ
ツール
索引