松平忠喬

まつだいらただたか
霊台院より転送)
出典: Web版尼崎地域史事典『apedia』

  1683年(天和3)正月9日 - 1756年(宝暦6)2月5日

  尼崎藩松平氏初代藩主1711年(宝永8)2月11日遠江国掛(懸)川(現静岡県掛川市)から転封。4万石。松平氏はこのあと7代160年間尼崎藩主となり、明治に至った。領村掌握のために大庄屋組を編成した。1726年(享保11)7月19日、西摂3郡武庫・川辺・有馬郡の大河川堤の土砂留大名に指定され、治水工事を進めた。尼崎にて死去。74歳。法号は霊台院殿仁誉興徳道融大居士。深正院に葬られた。

執筆者: 山下幸子

関連項目

案内
広告
検索

  
ヘルプ
ツール
索引