2011年

出典: Web版尼崎地域史事典『apedia』
世紀:20世紀 - 21世紀 - 22世紀
年表 10年紀:1990年代 2000年代 2010年代 2020年代 2030年代
周辺の年:2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年

平成23年

  • 1月3日 - 阪神尼崎駅南側の阪神尼崎駅南地区市街地再開発事業が完了した。
  • 1月26日 - 市の都市美形成建築物である中長洲・上原家住宅が登録有形文化財として登録された。
  • 2月13日 - (株)ティー・エム・オー尼崎が三和市場の空き店舗を改装して設置した自由に活用できる実験店舗「尼崎横丁虎の穴」がオープンした。
  • 2月18日 - 塚口町1丁目の塚口中央市場で火災が発生し、約2,800m2が全焼した。
  • 3月11日 - 14時46分、三陸沖を震源とするマグニチュード(Mw,モーメントマグニチュード)9.0の巨大地震「東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)」が発生し、宮城県北部の震度7をはじめ東日本各地で大きな揺れを記録、加えて東北地方から関東地方の太平洋岸にかけて巨大津波(最大の地点で波高10m以上、最大遡上高40m以上)が押し寄せ、被災地全域の死者・行方不明合計1万8千人以上という歴史的な大規模災害となった。尼崎市は震災当日に兵庫県からの指示を受けて緊急消防援助隊を派遣したほか、水道局が日本水道協会から応援要請を受けて応急給水の応援派遣を行ったのをはじめ、各方面・分野で官民ともに被災地支援活動を実施した。市としては、とくに関西広域連合の兵庫県からの要請を受けて、宮城県気仙沼市への長期的・継続的支援を重点的に実施した。
  • 3月24日 - 守部素盞嗚神社境内にある守部観音堂に伝来する聖観音菩薩立像〔しょうかんのんぼさつりゅうぞう〕など「守部観音堂再興関係資料」5件が、尼崎市指定文化財に指定された。
  • 3月29日 - 東桜木町の尼信記念館が兵庫県の景観形成重要建造物等に指定された。
  • 3月
    • 尼崎市は2001年に作った「尼崎市住宅マスタープラン」の計画期間が平成22年度をもって終了するのを受けて、平成23~32年度を計画期間とする「尼崎市住宅マスタープラン2011」を策定した。
    • 尼崎市は社会福祉法にもとづく地域福祉計画として平成23~28年度を計画期間とする「第2期あまがさきし地域福祉計画」を策定した。
    • 尼崎市は地球温暖化対策推進法が義務付ける地方公共団体実行計画として、平成23~32年度を計画期間とする「第2次尼崎市地球温暖化対策地域推進計画」を策定した。
    • 尼崎市は平成23年~32年度を計画期間とする尼崎市一般廃棄物処理基本計画を策定した。
  • 4月1日
    • 市立尼崎東高等学校と市立尼崎産業高等学校を統合して、新たに市立尼崎双星高等学校が口田中の水道局旧北配水場跡地に設置された。
    • 2008年4月1日以来ホテルニューアルカイック(昭和通2丁目)の運営を近畿日本鉄道から受託していた近鉄系列の都ホテルズ&リゾーツがホテル近鉄尼崎を吸収合併し、同ホテルを都ホテルニューアルカイックと名称変更した。
    • 尼崎市は、市防災センター5階に尼崎市・伊丹市消防指令センターを設置し、新消防指令管制システムによる消防指令業務の共同運用を開始した(消防署)。
  • 6月29日 - 尼崎市は大阪大学との間に、環境・産業、まちづくり、教育・文化、健康の分野における相互連携協力に関する包括協定書を締結した。
  • 7月8日 - 尼崎市公設地方卸売市場の平成19年度じん芥搬送等業務委託契約における偽計業務妨害事件に起因する尼崎市および受注業者に対する損害賠償請求訴訟の控訴を大阪高等裁判所が棄却した。これに対して被告側は控訴せず、被告に損害賠償を命じる2010年12月21日付神戸地方裁判所尼崎支部第1審判決が確定した。
  • 7月25日 - 市の都市美形成建築物である七松・小西家住宅が登録有形文化財として登録された。
  • 8月3日 - 市立地域研究史料館は、2007年刊行の『図説尼崎の歴史』のWeb版として園田学園女子大学と共同して設計・構築した『Web版図説尼崎の歴史』を公開した。
  • 9月30日 - 尼崎市は市議会文教委員会協議会において、北城内における歴史博物館建設を断念し建設事業を廃止する旨報告した。
  • 10月1日 - ダイセル化学工業(株)が(株)ダイセルに社名を変更した。
  • 11月4日 - 尼崎事件、あるいは尼崎連続変死事件などの名称で知られる事件の主犯とされる女性が逮捕された。その後の捜査により、この女性及び周囲の複数人が20年以上の長期間にわたって兵庫県・香川県など各地の複数世帯の家族を暴力的に支配・監禁・虐待し、殺人事件も発生していたことがあきらかとなった。
  • 11月30日 - 尼崎市は景観法にもとづく景観計画として、美しいまちなみを過去から未来へと引き継ぐことを目的とする「尼崎市都市美形成計画」を策定した。
  • 12月 - 尼崎市は、全庁横断的な生活習慣病対策の指針として「尼崎市生活習慣病予防ガイドライン」を策定した。
案内
広告
検索

  
ヘルプ
ツール
索引