アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

◇●◇●◇「バーチャル歴旅」〜史料館架蔵史料の紹介〜vol.15-2(その2)◇●◇●◇

by ブログ管理者

02___82P_82Q_81_5E_82P9_92_8B_90H_8F_80_94_F5.png
03___12_81_5E19_92_8B_90H_93_E0_97e.png
_8E_86.png
一方登城していた庄屋も、尼崎藩の役人から視察団へ宿
をちゃんと提供するように命ぜられて驚き、一目散に道
意新田まで帰ります。庄屋が帰村したころちょうど家の
片付けが終わり、視察団一行を迎え入れているところで
した。
その後さらに、「急ぎで」と、昼食約100人分を準備する
よう視察団から要請されます。そこで米3斗9升を炊き、
握り飯と香の物を提供しました。老中格小笠原にだけは
膳を用意してほしいとのことだったので、たまたま村の
人の家にあった「小かれ(かれい[鰈]?)」の煎付を
一つもらい、膳として供しています。
そのほか、視察団から召し出され、海岸や沿岸の道筋に
ついての質問に答えるなど大忙しの一日でした。ちなみ
に、尼崎藩役人も視察団への応対として、郡代・大目付・
勘定吟味役等総勢20名の役人が出てきていました(彼ら
の昼食も地域の人々が準備しました)。
幕末の動乱期、しかも年の瀬押し迫った慌ただしい時期
に起こった、さらに慌ただしいできごとでした。


<< >>