アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

難波尋常小学校(現難波小)の絵はがき/新たに収集した史料より

by ブログ管理者

_93_EF_94g_8F_AC.jpg
昭和12年(1937)頃撮影と推定される、難波尋常小学校の
絵はがきを新たに収集したのでご紹介します。

難波小学校は、大正9年(1920)に尼崎市第二尋常小学校
として東難波に設置された学校です。
同校の校区は昭和元年の阪神国道(現国道2号)開通をきっ
かけとして都市化が進み、児童数が増えるのにともない校舎
も増改築が行なわれていきます。
昭和9年、室戸台風によって木造校舎が大きな被害を受け
ました。このため災害復旧工事として校舎の鉄筋化が計画
され、尼崎市営繕課の設計、畑工務店の施工により昭和
11年に着工、昭和12年6月または7月に完成したのが絵は
がきの写真の校舎です。
この災害復旧工事により尼崎市では難波小を含む計9校の
小学校が増改築され、同時期に実施されていた他の工事と
合わせて昭和14年3月に合同の竣功式が行なわれました。
この竣功式を記念してつくられた15枚組の「尼崎市各種工
事竣功記念絵はがき」には難波小学校が1枚含まれていま
す。
今回収集した絵はがきは、上記とは別に難波小学校が独自
に発行した5枚組のもので、校舎規模の大きさと設備の充
実をアピールする内容になっています。


<< >>