アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

◇●◇●◇「バーチャル歴旅」〜史料館架蔵史料の紹介〜vol.18-1◇●◇●◇

by ブログ管理者

_82R_81_5E_82P_82W_81E_82P_82X_97_BC_93_FA.png
_82R_81_5E_82P_82W_82_CC_82_DD.png
前近代史料をご紹介しながら、尼崎市域のまちの歴史を
振り返りつつ時空を超えたバーチャル「旅」をしてしま
おう!というこの企画。
今回は、1月の記事を執筆中、史料館所蔵の「年賀状」
を検索していたところ、ふと目についた近代史料をご紹
介します(前近代史料ではないのですが、例外的にお許
しください)。
この年賀状は明治37年(1904)に、加島銀行頭取広岡信
五郎から、橋本治作に宛てられたものです(橋本治左衛
門氏文書(2))。
橋本家は道意新田村の庄屋を務めた家筋で、明治期の当
主橋本治作は道意新田部落惣代、さらには大庄村会議員、
大庄村長を務めた人物です。年賀状のやりとりがあった
時期は、ちょうど大庄村長に就任した直後のことでした。
(就任時期:明治36年10月31日〜40年10月31日)。
一方の広岡信五郎は、皆さんご存じのとおり、NHK朝ドラ・
ヒロインの夫のモデルとなった人物です。尼崎紡績(現
ユニチカ)の初代社長でもありました。
しかし、尼崎紡績ではなく、「加島銀行頭取」の肩書き。
では、「加島銀行」と大庄村の人物とのつながりは?
続きは明日。お楽しみに。


<< >>