アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

◇●◇●◇「バーチャル歴旅」〜史料館架蔵史料の紹介〜vol.21-1(その1)◇●◇●◇

by ブログ管理者

1.png
2.png
前近代史料をご紹介しながら、尼崎市域のまちの歴史を
振り返りつつ時空を超えたバーチャル「旅」をしてしま
おう!というこの企画。
今回ご紹介するのは、門田隆夫氏文書(1)(2)(尼崎市立地
域研究史料館蔵)「田中村田地絵図」です。
田中村は、尼崎市域北東部、園田地区の大字です。「田中」
の地名は古く、その初見は、嘉元2年(1304)「浄土寺殿寄
進米上日記」(勝尾寺文書/『尼崎市史』第4巻)にさかの
ぼります。明治6年(1873)川辺郡内の同名村(現三田市)
と区別するため口田中と改称されました。昭和63年(1988)・
平成3年(1991)の住居表示により口田中となったほか、一
部が御園〔みその〕・南清水・瓦宮・若王寺〔なこうじ〕・
塚口本町となりました。江戸時代を通じて領主がめまぐる
しく交替した地域です。


<< >>