アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

藤井庄介本店マッチラベル/新たに収集した史料より

by ブログ管理者

_93_A1_88_E4_8F_AF_89_EE_96_7B_93X_83_7D_83b_83_60_83_89_83x_83_8B.jpg
先日紹介した大塚醤油の引札と同じく、尼崎城下の名産
品であった醤油醸造に関わる新着史料の紹介です。
明治期から昭和期にかけて、多くの商店などが広告をマッ
チラベルに印刷し、宣伝用に顧客に配っていました。今
回入手したのは、醤油醸造業を営んだ藤井庄介本店のマッ
チラベルです。大正5年(1916)発行の『尼崎市現勢史』
は、同店が別所町に所在し、「山百印」の醤油を年数百
石醸造し、京阪神や四国土佐にまで広く出荷していたと
記しています。
入手したラベルには、女性が姉さんかぶりにした手ぬぐ
いに山の絵と「百」の文字が描かれ、「フジヒャク醤油」
という商標が印刷されています。このラベルが印刷され
た年代は不明で、「山百」が「フジヒャク」に変わった
のか、そのあたりのことは残念ながらよくわかりません。
それにしても、ずいぶんと趣のある絵柄ですね。


<< >>