アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

尼崎臨海部の原風景/明治〜大正期の絵はがきより

by ブログ管理者

_93_F2_8D_E8_90_85_94_F6_8AG_82_CD_82_AA_82_AB.jpg
はがきより昨日に引き続き、藤田卯三郎氏寄贈史料から
絵はがきをご紹介します。
旧城下の中在家町から南に東西高洲新田の間を伸びる、
「碇の水尾(みお)」と呼ばれた水路の途中から北を望ん
だ風景写真の絵はがきです。
正面左手の木の間に立つ煙突は、中在家の魚市場の対
岸にあった、旭硝子の煙突と思われます。つまり撮影時
期は、旭硝子の工場が開設された明治42年(1909)以
降、大正期にかけてと推定されます。こののち昭和戦前
期にはいると、この写真に写る一帯も臨海工業地帯へと
変貌していきます。


<< >>