アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

◆○◆○「あの頃の尼崎」〜史料館架蔵史料の紹介〜vol.23−2(その1)○◆○◆○

by ブログ管理者

01-38-48_06.png
02-38-48_09.png
03-pcd.png
古写真や絵はがきなど、史料館が架蔵している近現代の
ビジュアル史料を紹介するシリーズ「あの頃の尼崎」。
昨日紹介した写真は、広報課から移管を受けたもので、
名神高速道路が開業した昭和38年(1963)7月16日午前0
時に尼崎インターチェンジで行われた花束贈呈の様子を
撮影したものです。
名神高速道路は小牧―西宮間190kmを結ぶ国内初の都市間
高速道路として建設され、栗東町(滋賀県)―尼崎間71km
は、その最初の開通区間となったのでした。
開業に先立ち、15日には京都で開通式が行われた後、記
念のパレードが開催され、尼崎インターチェンジでは小
中学生が旗を振って車列を歓迎したとのことです(本日1
枚目の写真)。


<< >>