アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

◆○◆○「あの頃の尼崎」〜史料館架蔵史料の紹介〜vol.24−2(その1)○◆○◆○

by ブログ管理者

01.png
02.png
古写真や絵はがきなど、史料館が架蔵している近現代の
ビジュアル史料を紹介するシリーズ「あの頃の尼崎」。
昭和58年(1983)夏の甲子園大会に初出場を決めた市立
尼崎高校。現在楽天イーグルスのコーチをされている池
山選手らを擁したチームの活躍をご記憶の方も多いかと
思います。県予選の決勝に進むこと3度目、ついに勝ち
取った初優勝でした。
ところが、当時、学校には優勝した後の準備は何もなかっ
たとのことです。今年こそは…と思いつつも、過去2度の
苦い経験から切り出す方もなかったためでした。当時の
校長先生・牧正人さんが『とまつ』第11号(市立尼崎高
等学校編、昭和59年刊行)によせた「『甲子園』―裏方
の回顧」によれば、チームが凱旋した7月31日の夜から、
学校は内外ともにてんやわんや。寄付集めの方法は?目
標額は?必要な経費の見込みは?在校生の応援態勢は?
牧先生は「突如として大きな嵐の中に巻き込まれた」感
じだったと記されています。甲子園出場決定にともない、
「市尼後援会」も、育友会・同窓会・野球部OB会・野
球部父兄会を核に結成され、さまざまに尽力されました。


<< >>