アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

日本電線製造(株)営業案内(大正9〜10年頃発行)/新たに収集した史料より

by ブログ管理者

_93_FA_96_7B_93d_90_FC_90_BB_91_A2.jpg
尼崎に本社工場を置く日本電線製造の営業案内パンフ
レットを新たに収集したので、ご紹介します。
日本電線製造尼崎工場の前身は、古河財閥系の横浜
電線製造が大正元年(1912)に尼崎町大洲に開設した
同社大阪工場です。これが企業合併により大正9年2月
に日本電線製造尼崎本社工場となり、のちに大日電線、
大日日本電線と改称。現在は三菱電線工業尼崎事業所
となっています。
この営業案内は、図版中の工場地図に大正10年9月開
業の阪急西宝線西宮北口〜宝塚間が描かれていないの
で、日本電線製造が新たに発足して間もない大正9〜
10年頃発行と推定されます。翼をもった女神が身にまとっ
た電線を左手で高く持ち上げている表紙絵(作者不詳)
が描かれており、当時流行のアールヌーヴォー風にま
とめられています。本文24ページと図版9ページで構成
され、本文は巻頭3ページに会社概要と営業品目、次い
で裸銅線、撚り線、絶縁電線、電球線、電車線などの
仕様表が紹介されます。また図版ページには、工場の
立地を示した地図及び、作業場・分析室・試験場・研
究室といった工場施設の写真が掲載されています。


<< >>