アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

自転車の登録鑑札〜川口辰郎氏文書より〜(その1)

by ブログ管理者

DSC_0003_82_CC_83R_83s_81_5B.png
尼崎・大物町に本宅があった鍋屋平三郎家(川口家)。
このたび同家の文書群について寄贈を受けました。近代
史料を中心とした膨大な文書群で、これから整理に着手
するため公開は少し先になります。
しかし、この文書群の中に興味深い史料がありましたの
で、先行してご紹介します。
写真は、尼崎市が交付した自転車の鑑札です。自動車の
ナンバープレートの自転車版、というところでしょうか。

昭和23年(1948)年9月1日に公布した尼崎市の「市税
条例」(『尼崎市史』第12巻)では、市の「法定独立
税」として「自転車税」が賦課されていたことが確認で
きます。自転車の取得に対して価格の5/100(一時税)、
年間1輌につき150円が課されました。徴税の関係から、
自転車の購入とともに市に登録手続きを行い、交付され
たのが上記の鑑札、というわけです。


<< >>