アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

◇●◇●◇「バーチャル歴旅」〜史料館架蔵史料の紹介〜vol.30-1◇●◇●◇

by ブログ管理者

_82P_93_FA_96_DA.png
前近代史料をご紹介しながら、尼崎市域のまちの歴史を
振り返りつつ時空を超えたバーチャル「旅」をしてしま
おう!というこの企画。ながらくお休みしておりました
が、また少しずつアップできればと思います。
さて、今回は柳川啓一氏文書(1)(尼崎市立地域研究史料
館所蔵)のうちから、「明治4年東新田村絵図(東新田村
一筆限り絵図)」をご紹介します。
東新田村(現尼崎市東・琴浦町ほか)は、尼崎市南西部に
位置し、集落の南に中国街道が接していました。「新田」
といってもその起源は古く、隣接する西新田と本来一体で
戦国時代に開発されたものと考えられており、浜田ととも
に浜田荘の荘域でした。近世初期には幕府領、元和3年(16
17)より尼崎藩領となります。
柳川家は、近世は東新田村庄屋、近代以降は東新田村戸長・
大庄村会議員・部落惣代等を務めた家でした。
明日は、絵図の記載内容についてご紹介します。お楽しみに。


<< >>