アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< ブログ管理者の記事 >>

関西共同火力発電所絵はがき/新たに入手した史料から

by ブログ管理者

_8A_D6_90_BC_8B_A4_93_AF_89_CE_97_CD1.jpg
_8A_D6_90_BC_8B_A4_93_AF_89_CE_97_CD2.jpg
現尼崎市域の臨海工業地帯は、かつていくつもの大規模
火力発電所が集積し、阪神地方の一大発電基地でした。
そのひとつが、関西共同火力発電(株)の発電所です。
同社は昭和6年(1931)に日本電力など4社の共同出資に
より創設され、大庄村地先の尼崎築港埋立地(現尼崎市
末広町)に尼崎第一・第二発電所を設けます。昭和14年
に電力統制のための国策会社である日本発送電(株)が
設立されると、関西共同火力の施設はすべて日本発送電
に移管され、戦争をはさんで戦後は関西電力の施設とな
りました。
入手した5枚組の絵はがきのうち、発電所の外観及び汽機
室を写した2枚をご紹介します。昭和12年頃撮影されたも
のと推定されます。


<< >>