アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< ブログ管理者の記事 >>

天正7年(1579)の今日、荒木村重の家来らが七松で処刑されました/

by ブログ管理者

天正6年(1578)11月、荒木村重は織田信長に反旗を翻し有
岡城に籠城します。さらに翌年9月には、村重は有岡城を
出て尼崎城に移りました。村重の抜けた有岡城は落城し
ますが、尼崎城・花熊城は信長への抵抗を続けました。
信長軍からの「両城を差し出せば妻子・家来らは助ける」
との申し出を受けなかったため、ついに12月13日、家来
らは尼崎七松において処刑されてしまいます。また、村
重の一族は、同月16日、京を引き回しの上、六条河原で
斬首されてしまいました。
なお、村重一統が処刑された場所について、『立花志稿』
は東芦原としており、地名研究家の落合重信氏は七松の
東側から東芦原にかけての一帯ではないかと考察してい
ます。

七松の荒木郎党処刑[apedia]
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/apedia/index.php?key=%E4%B8%83%E6%9D%BE%E3%81%AE%E8%8D%92%E6%9C%A8%E9%83%8E%E5%85%9A%E5%87%A6%E5%88%91

村重の謀叛に関するレファレンスについては、以下をご
参照ください。
http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000192166


<< >>