アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< ブログ管理者の記事 >>

辰巳町という地名の由来

by ブログ管理者

_83v_83_8C_83_5B_83_93_83e_81_5B_83V_83_87_83_931.jpg
辰巳町というのは、かつて尼崎城下の一角を占めた町名
です。中世に起源を有する古くからの地名で、現在の東
本町1丁目付近にあたり、辰巳八幡神社の社名にその歴史
をとどめています。城下町の東端、左門殿川河口に面し
ており、江戸時代には大坂へと向かう辰巳の渡しがあり
ました。
「辰巳」というのは南東の方角を意味する言葉です。辰
巳町という町名も、南東に位置することに由来すると考
えられています。
では、何に対して南東なのか? これが実は、諸説ある
のです。
尼崎の歴史地名の由来を解説するWeb版尼崎地域史事典
"apedia"は、従来から辰巳町の町名由来に関する諸説を
紹介していました。
ですが、地名を調べるユーザーのみなさんにもう少しわ
かりやすく親切な解説をと考え、今回"apedia編集部名義"
の解説原稿を追加しました。
どの文献やどういった研究者が、何を根拠にどのように
町名由来を推定しているのか、従来の記述よりさらにく
わしく解説しています。
関心ある方、どうぞご覧になってください。
Web版尼崎地域史事典"apedia"
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/apedia/
(同サイトのうえで、項目「辰巳町」を検索してください)


<< >>