アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< ブログ管理者の記事 >>

『地域史研究117号のご紹介(2) 江戸時代の尼崎「長吏」(ちょうり)に関する史料を紹介!

by ブログ管理者

_8E_86_2D1.jpg
『地域史研究』最新号の内容をご紹介するミニ連載です。
(連載は不定期です)
第2回目は巻頭の史料紹介です。「長吏」とは、江戸時代
に地域の治安維持に関わった身分集団です。『尼崎市史』
第2巻でもその存在には触れられていましたが、最近史料
館が収集した史料により、実態がさらに詳細にわかるよう
になりました。江戸時代から明治初期にかけての史料で、
尼崎藩と大坂町奉行との警察権の関係、地域における長
吏の生活の様子、文芸活動などが記録されています。藤
本清二郎さん(和歌山大学名誉教授)、松本充弘さん(神
戸大学大学院人文学研究科院生)による解説を掲載してい
ます。
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/publishing/bulletin/contents/117.php

『地域史研究』第117号は、1冊850円で史料館で販売して
います。郵送販売も行なっておりますので、入手希望の方
はどうぞお申し込みください。

http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/publishing/bulletin/


<< >>