アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< ブログ管理者の記事 >>

荻原一青画日本百名城手ぬぐい展/市長定例会見

by ブログ管理者

_93_F2_8D_E8_8F_E9_8E_E8_82_CA_82_AE_82_A2.jpg
高度経済成長期に活躍した尼崎出身の城郭画家、荻原一
青(おぎはらいっせい)は、日本全国の城郭を訪ね歩き、
復元画を描いたことで知られています。
この一青が原画を描いた日本百名城の絵柄を染めた手ぬ
ぐいのシリーズがあります。平成28年、堺市毛穴(けな)
の注染和晒職人・池田公治氏宅に、この手ぬぐいシリー
ズが原画・型紙とともにすべて保存されていたことが明
らかとなり、平成29年6月、史料館に一括して寄託されま
した。
これらを尼崎で初めてお披露目する展示企画が、尼崎市
文化振興財団主催により7月21日から8月19日まで、尼崎
市総合文化センターの美術ホールで開催されます。5月18
日に行なわれた尼崎市長の定例記者会見において、この
展示企画の告知を行ないました。

手ぬぐい及び展示企画の詳細については、定例会見の際
の配布資料をご覧ください。次のURLに掲載しています。
http://www.city.amagasaki.hyogo.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/011/475/201805-2.pdf


<< >>