アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< ブログ管理者の記事 >>

濡れた歴史資料(古文書、明治〜平成に作成された記録、写真・アルバム等の“思い出”にまつわる記録等)について

by ブログ管理者

このたびの平成30年7月豪雨により、被災地では酷暑
の中復旧作業が続けられています。
ご家庭に保管されていた記録類や写真・アルバムなど
も濡れたり、泥にまみれたりしておりませんでしょうか。
こうした史料は、適切な処置によりその後も保存が可
能な場合があります。
廃棄せず、まずはご相談ください。
歴史資料ネットワーク(略称:史料ネット)などのボ
ランティア団体が、こうした被災資料の処置について
の相談窓口を設けています。
http://siryo-net.jp/info/201806-osaka-eq/
また、ご家庭でもできる簡易な乾燥処置方法もあります。
福井県文書館Facebookページ
https://www.facebook.com/FukuiPrefArch/
でも紹介されていましたが、以下のページをご覧下さい。
http://siryo-net.jp/%e8%b3%87%e6%96%99%e3%81%ae%e4%bf%ae%e5%be%a9%e6%96%b9%e6%b3%95/
唯一無二の記録が災害によって失われてしまわない
よう、救出する活動が、阪神・淡路大震災以降現在にいた
るまで、各地で展開されてきました。
まずはどうぞご相談ください。


<< >>