アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< ブログ管理者の記事 >>

江戸時代の尼崎・貴布禰神社の祭礼、あるいは境内で実施された興行を知りたい/国立国会図書館レファレンス協同データベース

by ブログ管理者

_82_EA_82_CD_82_C1_82_BF.gif
 尼崎・貴布禰神社は、宮町(現尼崎市西本町6丁目)に
ある旧尼崎町の惣氏神です。同社は、歴代尼崎藩主の崇
敬も厚く、また漁業や水運をつかさどる水神として漁民・
海民の信仰を集めたほか、雨ごいの神事が行なわれるな
ど農業のうえでも重要な信仰対象でした。
 同社の夏祭りには、城下町尼崎の各町から檀尻〔だん
じり〕が繰り出し、城下全体が年間で一番のにぎわいを
見せています。
 境内には芝居小屋があり、祭のとき以外にもさまざま
な見せ物興業や宮相撲・浄瑠璃などが催され、城下庶民
の娯楽の場でした。

尼崎・貴布禰神社の祭礼・興行について、レファレンス
事例として、国立国会図書館レファレンス協同データベー
スにアップしました。どうぞご覧下さい。
http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000240425


<< >>