アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< ブログ管理者の記事 >>

“名物”尼崎天目台

by ブログ管理者

徳川家康が所有していた茶道具のひとつに「尼崎天目台」
があります。
(「家康の数寄道具」『静岡県史』通史編3近世一など参照)
なぜ「尼崎」の地名を冠しているのでしょう?
天目台とは、天目茶碗(茶の湯茶碗の一種。室町時代に
多数中国より輸入され、その後国内でも生産されるよう
になった)を据えて茶湯を饗する器物です。
「尼崎天目台」は、「尼崎台」として、“apedia”で紹
介しています。
天文初年(1532〜)堺の天王寺屋宗柏(津田宗及の祖父)
が渡唐(中国入り)の柴野道堪(のち医師)に托し、天
目台20台をもとめたといいます。道堪は10台をもたらし
て尼崎に帰朝したが、暴風雨により1台を失して9台が到
来、これらは「尼崎台」といわれました。
はじめに尼崎に到来したことから、「尼崎台」と呼ばれ
るようになったようです。
特徴は、黒漆塗で地付の内に蜈蚣〔むかで〕の印が朱で
描かれていること。
この「尼崎台」の名称より、当時の尼崎津には大陸より
様々な文物が到来していたことがうかがわれます。
Web版尼崎地域史事典"apedia"「尼崎台」
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/apedia/index.php?key=%E5%B0%BC%E5%B4%8E%E5%8F%B0 


<< >>