アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< ブログ管理者の記事 >>

ふすまの下張りはがしボランティア作業を実施しました!(10/26・27 於:中央地域振興センター)(その2)

by ブログ管理者

DSC_0027_82_CC_83R_83s_81_5B.png
さて、「ふすまの」と銘うっていますが、今回は正
確にはふすまの下張りではなく、以下のふたつをは
がしました。ひとつは、琴秋閣(古建築)の壁紙の
下に張り込まれていたと考えられる下張り文書です。
もうひとつは、川口辰郎氏文書(城下町尼崎のうち
大物町の肥料商・鍋屋平三郎家の文書)の「敷紙」
です。文書を寄贈いただいた際の聞き取りによると、
「敷紙」は、夏用の茣蓙など、敷物をオフシーズン
にしまっておく際の、カバーとして使用されていた
そうです。この「敷紙」も、下張り文書と同様、作
成当時「要らない」と判断された古文書が使用され
ています。「敷紙」は1枚ずつで完結しており、同定
作業(1枚ずつ解体された古文書の中から、同内容
のものを見つけ、復元につなげる。内容によっては、
帳面などもとの姿に戻せることもある)がしやすい
イメージを受けました。ずっと課題だった「はがす」
次の段階の作業につながり、作業がまた一歩前進し
そうです。
2日間でのべ34名のご参加がありました。ご参加・
ご協力いただきました皆さま、本当にありがとうご
ざいました。


<< >>