アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< ブログ管理者の記事 >>

500年前の尼崎/Web版尼崎地域史事典(その1)

by ブログ管理者

DSC_0114.jpg
_8D_D7_90_EC_8D_82_8D_91_95_F2_8Ds_90l_95_F2_8F_91.jpg
前回・前々回の「50年前」「100年前」に続いて、今
回は500年前、1519年(永正16)の尼崎をのぞいてみ
ましょう。Web版尼崎地域史事典"apedia"の年表ペー
ジや、そこに登場する項目のリンクをたどって関連事
項を見てみます。

1519年(永正16)5月27日(旧暦)、現尼崎市域にあっ
た荘園「大島荘」と「浜田荘」の境界争いについて、
室町幕府の有力者であった細川高国が大島荘側に対し
て"不法な行ない"をやめるよう命じています。またこ
の年、高国は同じ細川一統である細川澄元と軍事的に
対立し、池田城に入って現伊丹市域から尼崎市域にか
けて戦端を開いています。
この前後、尼崎地域の荘園をめぐる領有争いがたびた
びあり、高国自身やその配下の武士たちがしばしばそ
こに登場しています。戦争・軍事に関わる動きも活発
で、1526年(大永6)には高国が諸将に命じて尼崎城を
築かせたと伝えられます。


<< >>