アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< ブログ管理者の記事 >>

88年前の今日、大阪合同紡績が東洋紡績と合併

by ブログ管理者

C_968__2D_28__2D_2D__91_E5_8D_E3_8D_87_93_AF_96a_90_D1_98_F0_8E_D0_00_00_8D_E8_8DH_9A_C5__96_7B_93X_28_91_E5_8D_E3_8D_87_93_AF_96a_90_D1_89_EF_8E_D0_8AG_82_CD_82_AA_82_AB_29__2C__91_E5_90_B33_81_60_8F_BA_98a6__5B003_82_CC_83_8A_83T_83C_83Yjpg_94_C5_5D.jpg
大阪合同紡績時代の神崎工場の姿を描いたも
の(同社発行絵はがきより)
いまから88年前の昭和6年(1931)3月10日、大阪合
同紡績(株)が東洋紡績(株)と合併し、尼崎市と合併
する以前の小田村にあった神崎工場も、合同紡から
東洋紡の工場となりました。
大阪合同紡績は、明治33年(1900)に設立された紡
績企業です。大正12年(1923)に神崎支店を設け、
翌大正13年にかけて神崎工場を建設。その後も設備
拡充に努め、国内最新・最大規模の工場となりまし
た。東洋紡と合併した後も、神崎工場は同社の主力
工場でしたが、昭和20年6月の空襲により多くの工
場施設が被災した後に廃止されました。
工場があった場所は、現在は杭瀬団地となっています。

Web版尼崎地域史事典"apedia"は、トップページに
"今日は何の日"というコーナーを設けて、過去の同じ
日付に起こった出来事を紹介しています。
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/apedia/


<< >>