アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< ブログ管理者の記事 >>

尼崎藩主であった戸田家・青山家・(桜井)松平家3家、歴代12人の墓所を調べたい。/国立国会図書館レファレンス協同データベース

by ブログ管理者

_8F_BC_95_BD_92_89_96_BC_95M_90_87_90l_8C_D5_82_CC_90_7D_81_40WEB_97p_95_DB_91_B6.png
尼崎藩の立藩は、元和3年(1617)で、初代
藩主は戸田氏鉄(うじかね)でした。
その後青山家4代―幸成(よしなり)・幸利
(よしとし)・幸督(よしまさ)・幸秀(よ
しひで)―が尼崎藩主となり、さらに(桜井)
松平家7代―忠喬(ただたか)・忠名(ただ
あきら)・忠告(ただつぐ)・忠宝(ただと
み)・忠誨(ただのり)・忠栄(ただなが)・
忠興(ただおき)が治め、幕末を迎えました。

こうした尼崎藩主の墓所についてのお問い合
わせがありましたので、レファレンス事例と
してアップしました。
どうぞご覧下さい。
http://crd.ndl.go.jp/reference/detail?page=ref_view&id=1000259274

写真は松平家第2代藩主松平忠名(ただあきら)筆「睡人虎の図」です。


<< >>