アーカイブログ | 尼崎市立地域研究史料館








Ringworld
RingBlog v3.22

<<   >>

あの頃のあまがさき―歴史的公文書編(尼崎と公害)(1)その2

by ブログ管理者

02.png
こうした課題についての取り組みを進めるため、この簿
冊には他都市の動向や市民の健康被害に関する調査といっ
たさまざまな文書が綴られています。「公害防止条例制
定の可否並に時期について」という8月10日付の文書は、
企業が排出するばい煙に対して規制条例は時期尚早であ
るという文書も綴られています。この文書は、助役・市
長も決裁していますが、注目されるのは欄外に市長の指
示事項についてメモがあることです。「条例の原案調査
を直に開始、何時でも原案は出せるようにしておくこと」
という内容からは阪本勝市長が、大気汚染の問題に大き
な関心を寄せていたことがうかがえます。こうした手書
きメモの存在も文書を読むときの醍醐味です。まだ、公
害対策に関する法制度が整備されておらず、法的な権限
を持って指導や規制を行う以前の時代のことです。
(この文書については『たどる調べる尼崎の歴史』下巻
228〜229頁に詳しく解説しています)


<< >>