アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< ブログ管理者の記事 >>

ふすま下張り文書はがし作業の成果として−その1−(2)

by ブログ管理者

_8B_D5_8FH_8At_89_BA_92_A3_82_E8_81_40_82_BB_82_CC_82T__5B_8E_A9_93_AE_95_DB_91_B6_8D_CF_82_DD_5D.jpg
じつは、秋岡家については従前「酒造業」を営んでいたと
いうことがわかるのみで、その具体的な姿はほとんど明ら
かになっていませんでした。しかし、下張り文書の内容か
ら、秋岡家が酒造業だけでなく、多角的に経営を展開して
いたことがわかってきました。
一般に、江戸時代の酒造家は金融業なども営むケースが多
いのですが、秋岡家もそうした典型的な酒造業者であった
ことを、実際の史料から裏づけることができたと言えます。
なお、秋岡家の家賃収入については、はがし作業後に文書
撮影を担当されている史料館ボランティアの武田壽夫さん
が、分析をされています。どうぞご覧下さい。
武田壽夫「明治中期尼崎経済の一側面−『下張り文書矧が
し作業』の成果から」(『地域史研究』118号、2018)
http://bit.ly/2qD7YWO


<< >>