アーカイブログ | 尼崎市立地域研究史料館








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 2019年12月の記事 >>

【再掲】全史料協近畿部会第154回例会のお知らせ(12/9)−例会内容−(その1)

by ブログ管理者

MN147hosoku-1.png
都道府県や市町村の公文書をどう残していくのか−。
公文書の保存・管理に関心が高まるなか、こうした問題意
識のもとに近畿部会では第154回例会を開催します(史料館
は近畿部会事務局を担当しています)。
11月14日・15日に開催された全史料協の大会、11月26日の
山形県で開催された公文書館機能普及セミナーについての
報告と振り返りがメインですが、さらに公文書を残し、公
開するため具体的な実践報告や働きかけの手法といった実
践の分野へ議論を深めていくべく、少人数のグループで、
関心あるテーマについてとことん議論する、ワークショッ
プも開催します。
また、ワークショップでは、広く歴史資料を扱う博物館に
ついてもテーマとして取り上げます。近年、施設老朽化な
どを理由にリニューアルが検討される博物館が増えていま
す。「館」をつくる・リニューアルする、という点もそう
ですが、安曇野市文書館の活動が博物館との連携の中進め
られていることを受けて、議論を深めることができるので
はないでしょうか。


<< >>