アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< ブログ管理者 - その他 - 2019年12月の記事 >>

尼崎城4階の手ぬぐい・原画について、展示替えしています。

by ブログ管理者

IMG_1848.png
尼崎城4階に展示中の手ぬぐい・原画は、史料館所蔵です。
堺市の元染め職人・池田公治(こうじ)氏よりご寄贈いた
だきました。光による劣化等を考慮し、原則1か月に1回、
入れ替えをしています。
今月は関西圏、西日本を中心とする城の手ぬぐいと、大分
県の城の原画を展示しました。
大坂夏の陣での豊臣氏滅亡後、幕府は大坂を西日本支配の
政治的・軍事的拠点と定め、伏見城を破却し徳川大坂城を
「再建」しました。加えて、交通の要衝等に譜代大名を
次々と配置していきます。
展示する手ぬぐいのお城も、多くはそうした譜代大名の拠
点の城です。
また、原画は、中津城・府内城・杵築城・臼杵城といった
大分県のお城を展示しました。
臼杵藩主稲葉家をのぞいた三城は、いずれも江戸時代中期
までに譜代大名が配置されます。
その契機は様々ですが、いずれにせよ、幕府の政治的な意
図を反映した大名の配置が進められていきました。 
このような江戸幕府の政治的意図に思いをめぐらせながら、
手ぬぐい・原画それぞれをご観覧いただければ幸いです。

尼崎城公式サイト
https://amagasaki-castle.jp/


<< >>