アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 2019年12月の記事 >>

真田宝物館企画展「襖から目覚めた古文書たち」〜古文書が語る江戸時代の暮らしぶり〜

by ブログ管理者

_83_60_83_89_83V.png
_90_5E_93c_95_F3_95_A8_8A_D9_8Aw_8C_7C_88_F5_8By_82_D1_83_7B_83_89_83_93_83e_83B_83A_82_CC_95_FB_81X_82_CC_93_F2_8D_E8_82_D6_82_CC_8E_8B_8E_40_95_97_8Ci.png
長野県・真田宝物館で実施されている襖下張り文書はが
し作業とその成果についての企画展が開催されます。
企画展では、全国で展開している市民ボランティアによ
るはがし作業を紹介するなかで、史料館のボランティア
作業についてもパネル展示でご紹介いただいているそう
です。ありがとうございます!
真田宝物館の学芸員・ボランティアの方々は、平成30年
(2018)10月26日に、史料館の作業も視察に来られ(写
真のうち1枚は、そのときの様子を写したもの)、史料館
のボランティアの方々と様々な情報交換をされました。
真田宝物館と、松代文化財ボランティアの会の作業は8年
間、ほぼ毎週続けられ、襖100枚のうち、約7割の整理が終
了したとのことです。
詳細は、チラシ(写真)及び以下公式サイトをご覧下さい。
□真田宝物館企画展□
「襖から目覚めた古文書たち
〜古文書が語る江戸時代の暮らしぶり〜」
■会期:令和元年(2019)12月25日(水曜日)
〜令和2年3月23日(月曜日)
■入館料:一般300円・小中学生120円(共通券・団体割引あり)
■休館日:火曜日(2月11日・火曜日は開館)
https://www.sanadahoumotsukan.com/event-info.php?n=131


<< >>