アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< ブログ管理者の記事 >>

転封と藩士−「海」から「山」への移動−(その1)

by ブログ管理者

_83X_83_89_83C_83h1.PNG
宝永7年(1710)10月16日、数え歳15歳で父青山幸督
(よしまさ)の遺領を継いだ、尼崎藩青山家第4代
藩主・幸秀(よしひで)。しかし政治的軍事的拠
点である大坂城の西の守り、尼崎藩を治めるには
若齢であると判断されたのでしょうか、翌年2月11
日には、江戸幕府より信濃国水内郡飯山(現長野県
飯山市)への転封を命ぜられます。

当然、青山家の家臣団も飯山へと移るわけですが、
全員が藩主とともに移動したわけではありませんで
した。
海に面した所領をもつ尼崎藩では、藩主の海上移動
のための船を所持していました。そして、城下町に
は、そうした船の維持管理施設もありました(写真
の御船小屋/ただし、絵図は松平氏時代のもの)。


<< >>