アーカイブログ | 尼崎市立地域研究史料館








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

昭和20年(1945)の今日、第1次大阪空襲がありました/"apedia"今日は何の日より

by ブログ管理者

1953_2D_8F_BA_98a28_2D03_2D15_8EB_89e_C_905_S7__5B7_5D__2D_2D__97_A4_8CR_94R_97_BF_8F_B1_90_D5_94_9A_8C_82_90_D5_28_95_90_8C_C9_90_EC_90K_29__2C__8F_BA_98a28_2E3_2E15__5B001_82_CC_83_8A_83T_83C_83Yjpg_94_C5_5D_82_CC_83R_83s_81_5B.png
昭和20年(1945)の今日、正確には13日深夜から14日未
明にかけて、第一次大阪大空襲により、13万戸余りが
焼失しました。尼崎市内に対してもB29爆撃機による
焼夷弾空襲が及び、西本町中在家町などで死者1人、
全焼278戸などの被害がありました。

写真は、8年後の昭和28年3月15日に西宮市鳴尾町・武
庫川河口付近(陸軍燃料廠跡)で片岡敏男氏が撮影し
たものです。
なお、陸軍燃焼廠が空襲に遭ったのは、同20年7月19日。
この空襲では焼夷弾ではなく、爆弾が落とされました
(精密爆撃)。この爆撃は、武庫川河口の石油施設など
が攻撃の対象となっていました。

Web版尼崎地域史事典"apedia"は、"今日は何の日"とい
うページを設けて、過去にさかのぼって同じ月日に起こっ
た出来事を紹介しています。トップページにも、その
一部を掲載しています。
"今日は何の日"
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/apedia/index.php?key=Category%3ATodayis


<< >>