アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 調査・研究・編集 - 2020年4月の記事

Web版尼崎地域史事典"apedia"今日は何の日?

by ブログ管理者

kindai33-01.jpg
岡山県内にあった大阪亜鉛鉱業(株)神島工場の事務所棟を移築し、大正11年4月11日に開庁した当時の尼崎市庁舎。
尼崎の歴史をたどると、4月11日には重要な出来事が
いくつかあったようです。

まず元文4年(1739)4月11日、現尼崎市域の浜・次屋
など旗本青山氏領農民が代官の圧政のため村を退去し
た事件について幕府の判決が下り、代官は追放、村の
庄屋たちは島流しなどになりました。
次いで寛政2年(1790)4月11日、現市域を含む川辺
郡・豊島(てしま)郡・武庫郡の58か村が干鰯(ほしか)
・干粕(ひかす)といった肥料の値下げを求めて大坂町
奉行所に訴え出ています。江戸時代、商品流通をめぐ
る郡の単位や摂津国など国単位での訴願が、しばしば
見られました。
最後は大正11年(1922)4月11日、尼崎市役所が旧城
郭内南浜の旧尼崎町役場から旧城郭内二の丸の新庁
舎に移転開庁し、この日から新庁舎での事務取扱を開始
しています。
旧暦新暦の違いはありますが、年代を経て同じ月日に、
さまざまな節目があったんですね。

Web版尼崎地域史事典"apedia"は「今日は何の日?」
というコーナーを設けて、その日の過去の出来事を紹介
しています。
トップページにリンクがあるので、どうぞご覧になってくだ
さい。
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/apedia/


<<