アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< ブログ管理者の記事 >>

事故の記録写真

by ブログ管理者

2005_95_9F_92m_8ER_92E_90_FC1_82_CC_83R_83s_81_5B.png
2005_95_9F_92m_8ER_92E_90_FC2_82_CC_83R_83s_81_5B.png
災害や事故といった、悲しい出来事の記録を保存し後世
に伝えることも、アーカイブズの大切な仕事のひとつです。
いまから15年前、平成17年(2005)の4月25日、JR福知山
線塚口−尼崎間で脱線事故が発生しました。107人もの方
が犠牲となり、500人以上の方が負傷されました。いまも
癒されぬ傷と痛みに苦しんでいる方がおられます。
ご紹介するのは、市制100周年記念『たどる調べる尼崎の
歴史』の市政史年表に掲載した記録写真です。いずれも尼
崎市が撮影したもので、凄惨な事故現場と、負傷者搬送用
ヘリポートとなった市立大成中学校校庭が写っています。
この年は、尼崎市内の工場で使われていたアスベストによ
る健康被害問題が顕在化した年でもあり、阪神・淡路大震
災が発生した平成7年とともに、阪神地域の現代史のうえで
大きな悲しい出来事の年となりました。

悲しいまちの歴史もまた、地域の歴史です。皆さんが、将
来にわたって、こうした歴史を振り返り、考えることがで
きるよう、地域アーカイブズである史料館も、未来へ記録
を伝えていくことにしっかり取り組んでいきたいと思って
います。


<< >>