アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< ブログ管理者の記事 >>

【私たちにできること―新型コロナウイルスに関する記録の保存について】

by ブログ管理者

国立公文書館公式サイトでは、2020年5月4日付で発表された国際公文書館会議と国際情報コミッショナー会議の共同声明「COVID-19:記録を残す義務は危機的状況下でも失われず、より不可欠となる(仮訳)」を掲載しています。
要約すると、非常事態だからこそ、きちんと記録を作成・保存し未来へとつなげていくことが重要だ、ということが描かれています。

新型コロナウイルス感染拡大による現在の状況下において、「記録を保存する」ことにはどのような意味があるのでしょうか。

現在、政府はもちろん、地方自治体、企業、団体、個人、すべての人びとが新型コロナウイルスの影響を受けています。
日々刻々と変わる状況に臨機応変に対応していく中で、記録がそもそも作られなかったり、または大量に発生し、混乱の中で失われている状況です。
しかし、いまだからこそ、日々起こっていることを記録し保存していくことには、大変大きな意義があります。

まず身近なものとしては、エビデンス(証拠書類)になる、ということです。つまり、今後発生するかもしれない補償申請時の添付書類や、現状に至る説明を求められたときに必要な証拠になる、ということです。
意志決定の過...


<< >>