アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< ブログ管理者の記事 >>

豪雨水害と歴史資料

by ブログ管理者

_90_85_91_B9_8Ej_97_BF.jpg
今年(令和2年、2020年)も九州地方や中部地方をはじめ各地で豪雨災害が
発生しています。被災されたみなさまにお見舞い申し上げるとともに、ここ
尼崎でも水害への備えをおこたらないよう努めていきたいと思います。
被災地では被災者のみなさんの安全確保と生活復旧が第一ですが、生活復興
過程の次のステップとして、被災家屋に保管されていた歴史資料や文化財の
水損からの復旧が課題となる場合があります。今回の九州豪雨についても、
すでに神戸大学に事務局を置く歴史資料ネットワークが歴史資料保全の呼び
かけを行っています。
http://siryo-net.jp/info/2020kyushu/

水害によって史料が泥水につかってしまった場合、どうすればよいのか?
そんなときの力強い味方になってくれるブックレットがあるので、ご紹介し
ます。

『水損史料を救う 風水害からの歴史資料保全』
松下正和・河野未央編 岩田書院ブックレット 2009年

史料館職員の河野未央(こうのみお)が編著者のひとりです。
史料が水損被害にあって困っている方がおられましたら、どうぞ本書をご活用
ください。あわせて、各地に設立されている"歴史資料ネットワーク"への相談
や支援要請をお勧めし...


<< >>