アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< ブログ管理者の記事 >>

戦時期尼崎市内軍需工場で働いたろうあ労働者たち

by ブログ管理者

_93_F2_8D_E8_90_B8_8DH01_8FW_8D_87_8E_CA_90_5E.jpg
尼崎精工で働くろうあ工員と管理者たち、昭和15〜6年頃撮影(大矢暹氏所蔵写真)
戦時中に尼崎精工という軍需工場で、100人以上のろうあ
労働者が働いていました。
障害者が働く場を得ることがむずかしいこの時代、全国的
に見ても希有な事象でした。
尼崎市制100周年記念刊行物として平成28年(2016)に
刊行した『たどる調べる尼崎の歴史』であきらかにしたこの
史実について、神戸新聞に記事が掲載されたので紹介し
ます。

戦時期のろうあ者の方々と尼崎をめぐるエピソードを、でき
るだけ多くの方に知っていただきたいですね。

神戸新聞記事「戦時中の軍需工場で汗流した聴覚障害者 誇りと苦悩」
https://www.kobe-np.co.jp/news/sougou/202008/0013640000.shtml

Web版たどる調べる尼崎の歴史
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/chronicles/trace/
大矢暹さん執筆「ろうあ産業戦士」第3部第5章第3節掲載

尼崎市立地域研究史料館紀要『地域史研究』第118号
http://www.archives.city.amagasaki.hyogo.jp/publishing/bulletin/contents/118.php
島田佳幸さん執筆「尼崎精工における杉山黌一の経営創意」リンクあり


<< >>