アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< ブログ管理者 - 講座・催し - 2020年9月の記事 >>

歴史・文化シンポジウム「地域歴史遺産の「保存」と「活用」−博物館・公文書館の役割−」開催(その2)

by ブログ管理者

P9220098.JPG
P9220147.JPG
(つづき)

藪田先生は、兵庫県立歴史博物館の37年に及ぶ経験
をもとに、今日における博物館のあり方と地域歴史遺産
の取り組みについて問題提起をされ、それを受けてのディ
スカッションでは、博物館が館内での仕事に加えて地域
や社会に出て連携していくことの重要性や、そこでの専
門職の位置・役割、大学との連携、文化財保護法改正後
の文化財行政の課題といったことが議論されました。
博物館であると同時に公文書館機能(旧地域研究史料
館=あまがさきアーカイブズ)を有する尼崎市立博物館が、
全国的にも注目を集める施設であること、そこでの閲覧・
レファレンス機能の今後といったことについても、さま
ざまな指摘がありました。

園田学園女子大学では、今回のシンポで交わされた内容
について、今後さらに深める研究会を行っていく予定との
ことです。
尼崎市立博物館としても、こういった議論に学び、今後の
実りある館運営に活かしていきたいと考えています。


<< >>