アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< ブログ管理者 - 2021年2月の記事 >>

自転車に税金?(その2)

by ブログ管理者

1961_2D_8F_BA_98a36_81_6037_8D_A0_B_86_P37_12_2D3__2D_2D__8E_A9_93_AE_8E_D4_81A_8E_A9_93_5D_8E_D4_82_C5_8D_AC_8EG_82_B7_82_E9_93_B9_98H__5B001_82_CC_83_8A_83T_83C_83Yjpg_94_C5_5D.jpg
昭和36〜37年頃、自動車と自転車で混雑する阪神国道(現国道2号)
(つづき)

ところでかつては、自転車にも税金がかかっていたのを
ご存じですか?
明治初期は国税、途中から府県税及び市町村付加税、昭
和15年以降は市町村税のみとなりました。
『尼崎市史』第9巻にも尼崎市や合併村の自転車税が記録
されていて、たとえば昭和15年の尼崎市の徴収額は30,828円。
市税全体に占める割合は約1.8%でした。
この自転車税、昭和33年に廃止されました。自転車に乗る
にも税金がかかるなんて、いまでは考えられないことですね。

現在の尼崎市では、自転車のまちづくりの取り組みをSNS
を使って毎日発信しています。尼崎市公式Twitterアカウン
ト「尼っ子リンリン」をご覧ください。
https://twitter.com/amarininfo


<< >>