アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

尼崎を舞台とする映画

by ブログ管理者

P3180078.JPG
尼崎を舞台とし、ロケも行なわれた映画は、過去にも例
があります。
たとえば、直木賞を受賞した車谷長吉さん原作の小説を
映画化し、平成15年(2003)に公開された「赤目四十八
瀧心中未遂」。
現在公開中の「けったいな町医者」というドキュメンタ
リー映画も、尼崎で撮影されました。市内で医院を開業
する長尾和宏医師を取材し、在宅医療や平穏死をめぐる
現実を描いています。やはり現在公開中の「痛くない死
に方」という映画は、同じ長尾先生の原作をもとにした
作品です。
いずれも尼崎に関係が深い映画なので、パンフレットや
チラシ、ポスターといった関連資料も将来の歴史資料に
なる。ということで、上映中の塚口サンサン劇場さんの
ご協力を得て資料収集を行ないました。
塚口サンサン劇場さん、ありがとうございました。


<< >>