アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 2021年6月の記事 >>

園田村では、明治22年(1889)に村上民蔵(初代)が、同26年(1893)に田中幾之助(2代)が、いずれも6月12日に園田村長に就任しました。〜

by ブログ管理者

1949_2D_8F_BA_98a24_8D_A0_81H_8EB_89e_B_563__2D_68__93_F2_8D_E8_8Es_89_80_93c_8Ex_8F_8A_28_8B_8C_89_80_93c_91_BA_96_F0_8F_EA_29__5B001_82_CC_83_8A_83T_83C_83Yjpg_94_C5_5D_82_CC_83R_83s_81_5B.jpg
明治21年(1888)4月、市制町村制が公布、翌22年4月1日
以降順次施行されていきます。さらに明治23年5月には府
県制・郡制も公布されました。一連の法制度整備により地
方行政組織が整理され、地方自治制度の基礎が築かれまし
た。
そのようななか、明治22年の今日、園田村の村長に就任し
たのが村上民蔵でした。村上は同26年6月10日まで4年間村
長を務め、田中幾之助に交替します。そして田中もまた、
同26年の今日から同30年6月10日まで4年間村長の任に就き
ました。

(つづく)


<< >>