アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

ブログ管理者 - 史料の紹介 - 2021年7月の記事

新着史料のご紹介/大正時代の駅弁の包み紙

by ブログ管理者

_91_E5_90_B312_94N_81A_8D_91_93S_90__8D_E8_89w_88_C0_93c_93X_94_CC_94_84_81u_88_EE_89_D7_E9_BD_81v_95_D9_93_96_95_EF_82_DD_8E_86.jpg
新たに収集した史料をご紹介します。
大正12年(1923)当時、国鉄神崎駅(現JR尼崎駅)にあった
安田店というお店が、25銭で販売していた稲荷鮨弁当の包み紙
です。右上の「12.3.31 前9」という印字は、おそらく製造・
包装時刻(大正12年3月31日午前9時)をあらわしているので
しょう。

包み紙には、お酒の広告とともに、桜の名所として吉野山や
嵐山、須磨寺などが紹介されています。春の一日、尼崎の人々
がこの稲荷鮨やお酒を買って、奈良や京都にお花見に出かけた
のかもしれませんね。