アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

尼崎城跡の風景写真絵はがき/新たに収集した史料より

by ブログ管理者

_8F_E9_90_D5_8D_8A_8AG_82_CD_82_AA_82_AB.png
今回紹介する写真の絵柄、どこかの地方の水郷風景のよ
うに見えますが、実は尼崎城跡の濠を写したものです。
史料館が新たに収集した絵はがきに印刷された、たいへ
んめずらしい写真です。
撮影地点は旧本丸の南側を東西に走る内濠の西側、のち
に市庁舎が建つ二の丸の南側附近から東を望むカットに
なります。向かって左側の木立の上には、第一尋常小学
校(城内小学校、現明城小学校)の屋根がかすかに見え
ています。右手に見える濠に架かるのが小学校と対岸を
つなぐ橋で、橋の向こうに写る建物は北城内に移転する
前の尼崎警察署です。
大正11年(1922)に二の丸の新市庁舎が竣工すると、
この撮影地点付近に架橋され、やがて濠が埋め立てられ
ます。よってこの写真は、絵はがき発行元の酒見泉金堂
が尼崎で絵はがきを発行しだす明治30年代終わり頃から、
大正11年までの時期に撮影されたものと考えられます。
市制が施行される前後、すでに市街地化が進んでいた尼
崎町の中心部ですが、まだこんな風景が残っていたんで
すね。


<< >>