アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

横浜電線製造大阪工場の絵葉書/新たに収集した史料より

by ブログ管理者

_89_A1_E0__93d_90_FC.png
今回紹介するのは、大正元年(1912)10月尼崎町大洲
に開設された横浜電線製造(株)大阪工場(現三菱電線
工業尼崎工場)の絵葉書です。同社が日本電線製造と
なる大正9年までの間に発行されたものです。
使われている写真は、五合橋の南約100メートルにあっ
た栄橋附近から南西を撮影したものと思われます。こ
の地には日本醤油醸造の尼崎工場が明治41年(1908)
に建設され、同43年に火災で焼失するまで存在してい
ました。写真に写っている左から2本目の大煙突や汽缶
室は、同社の焼け残った建物を利用したようですが、工
場建屋は新築しており、写真に見える2階建てや平屋建
ての事務所も大正元年の新築です。
北側には池が広がり、明治期の地図を見るとこういった
未利用地が多くあったことがわかります。右手に見える
のは住友伸銅所(現新日鐵住金)で、のちに池は埋め立
てられ伸銅所の敷地になりました。
大正から昭和戦前期にかけて、未利用地への工場進出
が相次ぎ、隙間なく工場が建ち並ぶようになります。
そうなる以前の工業化初期の様子がよくわかる、めずら
しい記録写真です。


<< >>