アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<<   >>

敬老の日とその由来

by ブログ管理者

1963_2D_8F_BA_98a38_2D09_2D05_8EB_89e_B_86_P38_5_2D1__92_B7_88_C0_97_BE_82_CC_82_A8_94N_8A_F1_82_E8__5B001_82_CC_83_8A_83T_83C_83Yjpg_94_C5_5D.jpg
内閣府公式サイト・「老人の日・老人週間」キャンペーン
のページに、「老人の日・老人週間」の経緯が掲載されて
います。
https://www8.cao.go.jp/kourei/kou-kei/elderly.html

(以下、引用)
「昭和22年(1947年)に兵庫県多可郡野間谷村で行われた
敬老行事がきっかけとなり、昭和25年(1950年)、9月15日
を「としよりの日」としようとする敬老・福祉の県民運動
が開始されました。」

兵庫県下の敬老行事がきっかけとなっていたんですね。
「としよりの日」は後に「老人の日」を経て昭和41年(19
66年)に国民の祝日「敬老の日」へと発展したとのことで
す。

尼崎市でもはやくから市として「としよりの日」の行事に
取り組んでおり、市報の記事も散見されます。写真は、昭
和38年(1963)9月に尼崎市広報課が撮影した、尼崎市立
長安寮(現在の養護老人ホーム長安寮)のお年寄りの姿。
『市報あまがさき』第312号(昭和38.9.5) 第一面の記事に
添える写真のモデルとして撮影を依頼したものと思われま
す。市では、おとしよりとともに、「働く婦人」の福祉運
動を実施、同時に統計調査を行い、その実態の把握に努め
ています。


<< >>