アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

阪神・淡路大震災から18年

by ブログ管理者

_8D_E3_90__81E_92W_98H_91_E5_90k_8D_D0.jpg
平成7年2月14日
市広報課撮影
平成7年(1995)1月17日に発生した阪神・淡路大震災から、今日で18年になります。尼崎市内においても、この震災により49人の方が亡くなり、7千人以上の方が負傷され、全半壊家屋は4万棟以上という大きな被害がありました。
史料館では、この震災の被害と復旧復興の記録を重要な歴史資料と位置付け、関連文献や庁内文書・記録などを収集保存しています。
被災当時の様子を記録した写真も、貴重な史料と言えます。今回紹介するのはそのうちの1枚、武庫地区のマンションを市広報課が撮影したものです。史料館は市広報課撮影写真のほか、何人かの市民の方が撮影された震災当時の記録写真の提供を受け、保存・公開しています。


<< >>