アーカイブログ | あまがさきアーカイブズ公式ブログ








Ringworld
RingBlog v3.22

<< 史料の紹介の記事 >>

悲劇の武将・佐々成政を紹介する展示図録/最近のおすすめ本コーナーより

by ブログ管理者

_8D_B2_81X_90_AC_90_AD_90_7D_98_5E.png
尼崎の寺町・法園寺に墓があることで知られる戦国武将
・佐々成政。信長の死後、秀吉と敵対するも破れて許さ
れ配下に属し、領知を命ぜられた肥後国での失政を責め
られ尼崎で切腹した人物です。
信長存命の時代には、成政は越中の国主でした。そこで
去る平成25年(2013)9月から11月、富山県郷土博物
館において、「戦国越中の覇者 佐々成政」と題する特別
展が開催されました。
この展示会の図録が刊行され、尼崎市立地域研究史料
館から提供した法園寺の佐々成政墓の拓影なども掲載さ
れています。おすすめ本コーナーに配架していますので、
どうぞご利用ください。

富山市郷土博物館特別展『戦国越中の覇者 佐々成政』
同博物館編集・発行 平成25年
A4判 60ページ


<< >>